ネットショップはこちら

望月麻衣さん著書「京都寺町三条のホームズ・18」

自分たちの知らないところで誰かが
ポルトガル菓子店カステラ ド パウロの宣伝をしてくれている
とわかるときがある。

パウロの携帯電話はオンラインショップの動きがみれるのだが
先週の木曜の定休日にほぼほぼ同時に
10数件のオンライン注文が入ってきた。

ピンピンと続けて携帯電話から音が鳴る。

「わっ、パウロ、どこかで誰かがカステラ ド パウロの宣伝してくれはったで。」
いろいろと考えた。

こないだヒミツのケンミンショーのスタジオで食べられた
ポルトガル菓子を作ったからかしら? 

漫画家のヤマザキマリさんが
どこかでしゃべってくれたのかしら?

俳優の田辺誠一さんかしら?

水戸黄門や大岡越前に出られている
加藤さんかしら?

だれだろう?
あの実業家の方かしら?

○○の社長さん?

宣伝してくださった方に御礼を言わないといけないね。
と思っていた。

でも私の想像した誰でもなかった。

昨日、「本をみて来店しました」というお客さまがいらして本を見せてくれました。

望月麻衣さんの【京都寺町三条のホームズ・18】のプロローグで
主人公が弊店で喫茶をしてくれてカステラと3種のパォンデローを食べ比べられる
食文化比較プレートをポートワインとともに味わってくれているのですよ。

しかもとっても楽しんで!
説明もしっかりとしていたのも嬉しかった。

ということで商売をしているといろんな方がいらっしゃる。

どのお客様にもきちんとポルトガル菓子の説明をしていこうと
あらためて思ったのであります。

望月さま本当にありがとうございました。

TVアニメ「京都寺町三条のホームズ」はこちら >>