ネットショップはこちら

人生にも歴史にも《 IF(もし○○ならば)》はあらへんけど、、、、、

ふと思う。
分かってる、分かっている、人生に《IFもし○○ならば、、、》なんてないことは、、、。
でも想像するのは自由。誰にもめいわくかけへん。

台風の影響?かというか天気予報の影響(最近はずればっかし。)でやろうね。
店舗まで足を運んでくださるお客さまが少なかった。
そんなとき
「あぁーー、もし織田信長が京都にいたころにカステラドパウロがここで営業していたら、
きっとうちの店は信長のお気に入りになっていたことでしょう。」と想像する。
いや、想像であり妄想なんやけど気に入ってもらえたことを確信できる。(なんでかわからへんけど。)
で、信長が店先にきたときの私のおススメは
ポルトガル北部ミーニョ地方のパォンデローと小さな焼き菓子ボーロ。
ちんた(おそらく酒精強化酒のポート酒であろう。ちんたと呼ばれていた。TINTOは赤ワインの赤のこと)と一緒にお楽しみください。というでしょう。焼きたてのパォンデローがすこし冷めたら紙に包んで紐がけしてお渡ししたと思う。

北野天満宮で大茶会をひらいた秀吉だって、うちでも喫茶をしてくれたかもしれへん。
彼にはビスケットしかもピリピリ(赤トウガラシ 南蛮貿易でポルトガルから日本に伝来)入りのものをおすすめしたでしょう。

台風のはずれた天気予報の恨み節だけど、、、
なんか楽しい空想でありました。