ネットショップはこちら

1991年へタイムトラベル

9/23 京都は祝日にもかかわらず雨だった。

そんな中、リュックを背負った女性がご入店。
2階のお席にご案内。

その彼女は1991年にポルトガルの我が家で
ホームスティしてくれたK子ちゃんだった。

アルバムに貼ってある1991年の
私たちの写真をまた撮って紙焼きして
アルバムにして四国から
京都まで持ってきてくれたのだ。

写真の中にはハンサムなパウロと
ギリ20代の私と小さな息子がいた。

最近の出来事はほとんど覚えていないが、
30年前のことはよく覚えている。

私が大学生の時に初めてポルトガルへいったのでありますが、
その際に「ポルトガル人のおうちに入って
日本語でポルトガル菓子や料理をならえたらなぁー」
と強く感じたことが
自宅でホームスティをはじめるきっかけでした。

いつもそうなんだけど
「今」の自分にできることから始めるのが私のやり方。

当時の私はお菓子屋を開業したくてしょうがないけど
お金がない。

とりあえず自宅の台所でデザート菓子を作り
近所のカフェやレストランに卸しておりました。

産後1週間目には生まれたばかりの息子が
眠っていることを確認して
お菓子を届けに行ったこともありました。

あの頃の私はガムシャラ。

31年目に再会したK子ちゃんは
今のカステラ ド パウロの存在を
本当に喜んでくれていた。

「誇らしい」と言ってくれた。

そのことがとても活力を与えてくれた。
素直に嬉しかった。

コロナの影響、原材料やエネルギー価格の高騰、
暑さ、雨、台風などの影響を受け商いは思うようにいかない。

でもいつもいつも何か前に進めることを探している自分がいる。

その背中を押してくれているのが、
私が今まで出会ってきた人達なんだ。

K子ちゃん、
1991年を振り返らせてくれてありがとう。

また再会したときに褒めてもらえるように生きていきます!

今はパっとせえへんけど、
必ず日本中の人にポルトガル菓子を認知してもらうからね。