ネットショップはこちら

豪雨の中の勇者たち

さっきから携帯電話で京都市上京区での豪雨にともない天神川の洪水による避難警報が鳴っている。嫌な音。
朝からの酷い雨だ。
路面店の宿命として雨の日はお客様が少ない。
ましてやこの豪雨である。
しかし、勇者は存在した。
ずぶ濡れで入店され喫茶を利用される方あり、
御使い物のお菓子を買いにこられる方あり、と。
そんな中で自転車で来られた女性がいらっしゃった。
全身を覆う雨合羽で前には赤ちゃんを抱っこされている。(カッパで隠れて見えない。)
自転車の後ろはビニールシートで覆われた状態で男の子が眠りこけている。
この雨のなかである。
子供二人を連れてである。
もう「勇者」としてあがめます。凄いパワーです。
こんな天気じゃ誰もこないだろうと暗い雨空を見上げていた私の心が
パァーっと明るくなった。
嬉しくなった。
日本の未来が素晴らしいようになる気がした。
「こんな雨の日にわざわざポルトガル菓子を買いにきてくださり本当にありがとうございます。」と心の底から感謝の気持ちを口にした。
ちょっと鼻の奥がツンとして目頭があつくなる。
ついでにちょうど窯から出たアニス風味のパリパリビスケットとコーヒーも立ち飲みではあるけれどお出しできた。ちっちゃな御礼の気持ち。
こんな勇者がうちのお客様なんだからカステラ ド パウロの未来も明るい、予感。

あ、ちょっと小降りになってきた。
もう少し頑張れそう。