ネットショップはこちら

白い食べ物・マンジャールブランコ

マンジャール ブランコは“白い食べ物”と言う意味のポルトガルのスィーツであります。
我がカステラ ド パウロ で週末に作っているのは
ポルトガルはアルト・アレンテージョ地方のポルタレグレにあったサンタクララ修道院で作られていたもの。もともと修道院には王族、貴族をもてなすために他の修道院と競って美味しいスィーツが作られていたのですからそのお味はお墨付き。
その中でも米粉を使用し、もちっとした食感を特徴とするこの白い食べ物はミルク味のういろうみたい。ヨーロッパの西の果てで、菊の花のようにお皿に並べて焦げ目つけたもちっとしたお菓子を貴婦人たちが召し上がっていたと思うと自然と目じりが下がり口角があがる。きれいな細いくて白い指でマンジャールブランコをつまみ、談笑しながら食べてはる姿を想像するだけで楽しい気分になれる。
 今この街では、長老からサンタクララ修道院のお菓子作りを受け継ぎ、伝授された人がマンジャールブランコを作る。その方から私が習い、ポルトガルから1万5千キロ離れた日本で作る。もうーすごい大航海の大旅行。ポルトガルでもとても珍しい貴重な修道院生まれのお菓子です。タイミングがあえば日本のみなさまにもパォンデローと同様に召し上がってもらいたいお菓子の一つです。
いろんなこと経験しなきゃ、ね。