久々にいい小説読めた。

戦場のコックたち 深緑野分

久しぶりにいい小説を読めて
充実した気分になっている。

戦闘の描写は怖いけど、
「腹が減っては戦はできぬ」であり

戦争で兵士たちの食料を
供給できなければ必ず負ける。

そんな中、くそまずいが
栄養価の高い粉末卵の話がでてきたり、
温かい食べ物を欲するおもいがあったり、、、。

戦争で誕生したり広がった食品はたくさんある。
バターの代用品のマーガリンもそのひとつ。

ドライイーストもそうだったと思う。
ポルトガルにマリービスケットが普及したのは
スペインの内戦の影響でだったし、、、。

缶詰も重要だ。

ポルトガル食材を扱うメルカードポルトガルさんが
バカリャウのオリーブ漬けの缶詰を
輸入されたので早速購入。

価格はポルトガルで購入しても
缶詰の中で最も高い部類になる。

皮ごと茹でてげんこつでつぶしたポテトの上に
缶詰のオイルごとかけてオーブンで焼く。

ポテトがなかったら目のつまったパンでもいい。

出来上がりにパセリかコリアンダーの刻んだのや
ほんの数滴のワインヴィネガーをかけてもいい。
ぜいたくな一品になる。

アズレージョを輸入しているピコさんが売っている
アソーレス諸島のツナ缶も素晴らしい。

フレークじゃないからね。

リスボンのカイス ド ソドレの缶詰バーにはよく通った。
通勤でフェリーを利用していた私には
帰り道に立ち寄れて息抜きできるいい場所だった。

1杯のグラスワインが1.5ユーロ(200円弱)。
イワシ缶のオープンサンドがおススメ。
イワシ缶の油を切って薄切りのとうもろこしパンの上にのっけて
ほんの少しオリーブオイルをかける。
パセリをピピっとふる。

シンプルで素敵なおつまみ。

缶詰は平和のシンボルにもなれる!

ツナ・フィレ ノンオイル“サンタ・カタリーナ”