ネットショップはこちら

ドキドキ東京

東京 渋谷のスクランブルスクエア1階のc7h8n4o2(チョコガカリ)さんというチョコレートのセレクトショップさんで
ポルトガル各地のビスケットがぎっしりと詰まった缶ビスケットを販売してくださる。

段ボールに1缶、1缶を乾いた布で拭きながら詰めていく。
慎重に、丁寧に。

お菓子を擬人化するクセのある私は缶ビスケットに向かって話しかけた。

智子「あんたら東京の渋谷へ行くんやで。ええ子にしてなあかんで。
へんな人に声をかけられてもついて行ったらあかんで。
ええ人に食べてもろて、喜んでもらうんやで。気いつけてな。」

缶ビスケットたち「ママ、心配せんでも大丈夫やで。私ら一人じゃないし、渋谷のお店のママもええ人やから。東京の人に喜んでもらえるようにええ子にしてるし。ほないってきます!」

本当に目の奥が熱くなる。
ポルトガルでもそうだった。工房からイタリヤやドイツにカステラを送っていた。無事についてくれることを祈っていた。
運送会社や郵便が結構いい加減で、トラブルも時々起っていたから。
そういえばこの6月末にポルトガルから日本へ暑中見舞いを送ったのだが、いまだに誰一人受け取っていない。
ゆうパックさんが集荷にきたら、段ボールの頭をなでてからお見送りをしよう。

さ、カステラ ド パウロの東京物語はじまり、はじまり。

c7h8n4o2(チョコガカリ)さんのHPはこちら ≫