やっぱりポルトガル

NHK総合世界はほしいモノにあふれてる
「ポルトガル 幸せ お魚パラダイス」

を見ながらバカリャウを食べた。

ポルトガルが恋しい。

毎年1年に1度ポルトガルへ戻ることで
心の洗濯ができていたのに…
それもコロナでままならず…。

テレビをみていて
「うんうんそうそう」と
1人うなずいておりました。

「市場もきれいになったなぁ。」

「でも魚の売り方とかは変わっていない。」

魚の種類が多くて、みているだけでも楽しくて…。
サメもカルデラーダによくいれたものだ。
日本じゃかまぼこの材料にするらしいけど
スーパーでもみかけない。

バカリャウは本当に魅力的な食べ物だ。
塩漬けして天日干ししたものを
水につけて塩抜きすることでの
旨みは癖になる。

バカリャウは特に
クリスマスイヴに食べる国民食であるので
クリスマス前にはよくコマーシャルで
バカリャウの一品をみかける。

ある時期からバカリャウのコマーシャルをみるだけで
おいしそうで唾がたまるようになっていた私でした。

日本人にも好まれると思う。

あしたのカステラ ド パウロのまかないは
バカリャウ ア ブラシュ。

オリーブオイルで玉ねぎとにんにくを炒め、
ほぐしたバカリャウも合わせる。

そこへ細切フライドポテトをいれて卵でとじる。

ポルトガル人が週に1度は食べ
老若男女が好むバカリャウ料理だ。

テレビをみてバカリャウ食べたくなった人がいたら、
こっそりと今日のまかないを味見させて 
とスタッフに伝えてくださいませ。

ポルトガルスタイルで対応させていただきます!