ネットショップはこちら

ちょっと偶然・ポルトガル

店の定休日
四条通りの藤井大丸の地下にあるスーパー<タベルト>によくいく。
先日もパテの缶詰や豚の舌や新鮮な魚を求めて立ち寄ると、奥のスペースで古本市が開催されていた。その古本市は魅力的な展示の仕方でパウロが一緒にいなかったら何時間でもいろんな本を手に取って選べたでありましょう。
でもパウロがつまらなそうにして重い買い物バックを持って<タベルト>の端で待っててくれている。私は大急ぎで古本をみた。で、さらっと読めそうで面白そうと思った本を手に取った。
大急ぎでお支払を終えて帰宅。
本のタイトルは「つむじ凬食堂の夜」 筑摩書房 作者 吉田篤弘
その夜、寝酒代わりに寝読書をしていると最後にポルトガル、ポルト酒という言葉がでてくる。ただそれだけなのに嬉しくてたまらない。
本当に中身もみずに手に取った本にポルトガルという言葉が印刷されているだけで満たされた気持ちになる。小さな偶然。こんなに嬉しい。人は単純でバカなほうが幸せだ。

「つむじ凬食堂の夜」 筑摩書房 作者 吉田篤弘
内容紹介:
懐かしい町「月舟町」の十字路の角にある、ちょっと風変わりなつむじ風食堂。無口な店主、月舟アパートメントに住んでいる「雨降り先生」、古本屋の「デニーロの親方」、イルクーツクに行きたい果物屋主人、不思議な帽子屋・桜田さん、背の高い舞台女優・奈々津さん。食堂に集う人々が織りなす、懐かしくも清々しい物語。クラフト・エヴィング商會の物語作家による長編小説。